猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

ウサギ

ウサギを飼うときの費用っていくらくらい?初期費用から臨時にかかる費用まで!

更新日:

 ウサギを飼うときの費用が大きく分けて4つです。
 初期費用、毎年、毎月、そして臨時にかかる費用です。

ウサギを飼うときにかかる初期費用は?

ウサギの生体費用

 ウサギは基本的にペットショップで手に入れることが多いと思います。ブリーダーもいますが、「ウサギのブリーダー専門店」というように、結局はお店から購入する、ということになります。
 ウサギの生体費用は5,000~100,000円と幅広いです。雑種の方が安く、純血種の方が高くなり、珍しい種の方が高くなる傾向になります。

ケージ(小屋)

 ウサギは室内飼いになりますので、ケージが必要です。
 ウサギは個体によってサイズがかなり違いますので、ケージの広さもそれぞれですが、立ち上がった時に頭がぶつからない高さのものを選びましょう。
 ケージ内にはすのこを敷きます。このすのこは木製、プラスチック製、金属製があり、ケージとセットになって売られています。
 合わせた値段はピンキリですが、5,000~10,000円となっています。

トイレ本体

 ウサギの場合、トイレはケージ内に設置します。
 トイレは長方形のもの、三角形のものなどがあります。値段は1,000円弱が多いです。

給水ボトル・餌入れ

 ウサギの場合には、水は給水ボトル(ハムスターのケージに取り付けるようなもの)でも給水ボールでも構いません。ウサギがしょっちゅうボールを倒してしまったり、かじってしまう場合には給水ボトルが便利です。
 餌は牧草入れ(牧草ケース)がメインで、値段は1,000円前後となります。

キャリーバッグ

 動物病院にかかるときに必要です。ウサギ専用のものもありますが、一般的なペットのものでも使用可能です。

爪切り

 ウサギも爪が伸びますから、爪切りは必要です。人間用ではなく、ウサギ専用の爪切りの方が使用しやすいでしょう。値段は300~500円です。

    ブラッシング(グルーマー)

     ウサギも毛は抜けますので、ブラッシングが必要です。値段は1,000~2,000円です。

    避妊手術・去勢手術

     ウサギは犬や猫のように避妊手術や去勢手術が一般的にはなっていませんが、避妊手術や去勢手術を行うことはできます
     ウサギは一年中発情期になり、出産は1度に10羽産むこともあります。ウサギをオス・メスで飼われる予定の場合にはよく考えておきましょう。

    ウサギを飼うときに毎年かかる費用

    ワクチン・予防接種

     ウサギはワクチン接種は不要です。

    ペット保険

     ウサギも入れる保険があります。保険に入っていないと動物病院の費用は全額実費になりますので、不安な方は入っておきましょう。

    ウサギを飼うときに毎月かかる費用


     ウサギを飼うときに毎月かかる費用は餌代とトイレ代です。合わせても3,000~5,000円程度で収まります。

    餌代

     ウサギの餌はペレットがメインです。犬や猫の餌でいうと「ドライフード」に当たるもので、主食の1つです。2kgで500~1,000円です。
     ペレットと同じくらい重要なものが牧草です。500gで1,000円前後です。
     他に果物や野菜等も与えることが可能です。

    トイレ

     ウサギのトイレは、網の下に落ちるようになっているものが多く、網の下のトレイに消臭砂(猫砂のようなものですが、ウサギ専用のものがあります)やペットシーツを敷いておきます
     1袋500~1,000円程度です。

      ウサギを飼うときに臨時にかかる費用

      治療費(動物病院)

       ウサギが誤飲してしまったり、ケガを負ってしまった場合には治療費がかかります。費用は動物病院によって、治療内容によって変わります。1回の診療で1万円以上かかることもあります。

      その他


       基本的には上記4点を考えておけば問題ありません。以下は「あればウサギとの暮らしがより良くなるもの」となります。

      ウサギとの暮らしがより良くなるもの

      その他ペットグッズ

      -ウサギ
      -, , , , , , , , , , , , ,

      Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.