猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

ペット用品レビュー

ペットのトイレが臭う…ニオイを抑えるうんち袋を活用しよう!

更新日:

 ペットのうんちに悩まされることは多いと思います。
 猫であれば猫砂に隠してくれるのですが、それを掬ってどこかにゴミの日まで保管しておく必要がありますし(流せる猫砂もあります)、犬の散歩で拾ったうんちも、ゴミの日まで保管しておかなくてはならない、ということもありますよね。特に犬のうんちの場合、砂や土が混ざってしまって下手にトイレに流せない、という方もいらっしゃると思います。
 また、多頭飼いしている場合には、「毎回毎回トイレの水を流していたら水道代がバカにならない」という方もいらっしゃると思います。
 このような場合、普通のゴミ袋に保管している方が多いと思いますが、ゴミ袋から臭ってしまう、1度でもゴミで出し忘れると悲惨、なんていうことも多いと思います。

ウンチ処理袋がおすすめ


 おすすめはペット専用のうんち処理袋を使うこと
 ペット専用のうんち処理袋はいくつかあり、ビニール袋の中に紙が入っているもの(うんちだけトイレに流すもの)、石鹸の香りが付いているもの、外から見えにくいもの、臭いがしにくいものなど、様々な種類があります。
 その中でもおすすめしたいものは「臭いがしにくい(しない)うんち処理袋」です。
 ゴミの日まで出せないときに、一番の悩みは保管だと思います。臭いがしてくると、飼い主もつらいですよね。
 そこで「臭いがしない」タイプのうんち処理袋があれば、飼い主も困ることなく保管することができるでしょう。
 また、「うんち袋をそのまま保管しておくのは見た目が気になる…」という方は、紙袋やゴミ箱など、外側はお好きなものを選べばいいだけですので、まずは「実際に影響が大きいもの」から考えてみたいですね。

おすすめのウンチ処理袋は?

 おすすめは「うんちが臭わない袋BOS」です。
 これは大便に含まれる悪臭成分「スカトール」(おならの主成分)も閉じ込めてくれる優れものです。介護や生ゴミを保管しておくのにも用いられます
 サイズも様々あり、SS~Lサイズの4展開で、犬の散歩のうんちからペット用シーツまで保管しておくことができます
 犬のうんちだけでなく、臭いが強烈と言われる猫のうんちも保管でき、臭いがしにくい代物です。1枚の袋が満タンになるまで使う方も多く、そこまで使っても臭いが外に出にくいものです。
 200枚で1,500円ちょっとですので、1枚7.5円。生ゴミや可燃ごみの有料袋より安いですね。

-ペット用品レビュー
-, ,

Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.