猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

ペット用品レビュー

イオン加湿脱臭機 「富士通ゼネラル DAS-303B」を買いました

更新日:

 以前記事にした「シャープ KC-Z45」を妹に譲ることなり、急遽新しい空気清浄機(脱臭機)を購入することになりました。
 今回購入したにが、富士通ゼネラルの「DAS-303B」です。

脱臭機能

 シャープ KC-Z45とは異なり、DAS-303Bは「脱臭機」です。
 ですので、シャープ KC-Z45と比べると、臭いが消えるのは相当早いです。
 猫がトイレをした→「急速」モードにする→トイレ(人間用)に流し行く→部屋に戻る(この間数十秒)
 この流れの間に、臭いはほぼなくなっています。公式では6分と謳っていますが、体感的にそれ以上に早いです。

除菌

 なんとなく感じられるのが、この「除菌」機能です。
「わずかにプールの消毒臭のような臭いを感じることがあります」と公式サイトあるのですが、確かに、ほんのわずかですが、臭い(オゾン臭?)があります。
(消毒臭とありますが、全くきつい臭いではありません。むしろ、わずかですが臭いがあるからこそ、除菌されていると感じられます)。

集じん機能付き

 全部はさすがに取りきれていませんが、集じん機能もあり、猫の毛を吸い取ってくれるようです。
 また、花粉キャッチしてくれるようです。

ecoモード付き

 DAS-303Bにはecoモードボタンがあるので、押しておけばecoモードで運転してくれます(ただし、公式サイトを見ると通常で2.0円/24h、ecoモードで1.9円/24hなので、元々節電機能は高いです)。
 (KC-Z45は1.44~22.8円/24hです。)

KC-Z45と比べたときのマイナス点

 実際使ってみて、シャープ KC-Z45と比べたマイナス点もあります。
・キャスターがついていない
 せっかく猫の毛もキャッチしてくれるのだから、寝るとき以外はリビングに置こうと思っていたのですが、キャスターがないので、運ぶのに一苦労です。(シャープ KC-Z45はキャスター付き)
・水を入れるのが面倒
 シャープ KC-Z45はワンタッチで水を入れられるのですが、DAS-303Bは外す→取り付けるで3ステップくらいあります。毎日のことになると、結構手間だと思います。加湿なしでも作動できるので、乾燥がひどくないときは加湿しないで使っています。

加湿脱臭機について

 本体。高さは膝くらい。シャープ KC-Z45と同じくらいです。厚みはこちらの方があります。
イオン加湿脱臭機 「富士通ゼネラル DAS-303B」を買いました

 スイッチ一覧。これだけありますが、基本は自動なので、なにも考えなくてオッケーです。
ボタン一覧

-ペット用品レビュー
-,

Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.