猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

犬を飼うときの費用っていくらくらい?初期費用から臨時にかかる費用まで!

更新日:

 犬は猫と並んで超メジャーなペットですよね。
 犬を飼うときの費用が大きく分けて4つです。
 初期費用、毎年、毎月、そして臨時にかかる費用です。

犬を飼うときにかかる初期費用は?

生体費用

 犬はブリーダーから手に入れる方法や、ペットショップから購入する方法等があります。最近はペットショップ併設のホームセンターもありますね。
 これらの場合、10~20万円(犬種によってはもっと高額)で手に入れることができます。
 保健所(譲渡事業)里親でも手に入れることができます。里親から犬を譲って貰う場合、ワクチンの有無等で費用が変わってきます。

畜犬登録費用

 畜犬登録費用は生後90日以上の犬に必要です。狂犬病予防注射を受けた後、その証明を持って役所や保健所に行き、代金を支払います。これで「鑑札・注射済票・犬ステッカー」をもらうことができ、鑑札と注射済票は犬の首輪に装着することとされています。畜犬登録を行わない場合には罰則(罰金20万円以下)もあります
 畜犬登録費用は地域によって異なりますが、おおよそ3,000円となります。
 また、畜犬登録をしておくと、毎年1回はがきが来るので、「忘れずに注射を受ける」という意味でも助かりますね。

混合ワクチン接種

 犬は猫同様、毎年ワクチン接種が必要です。
 初年度は2回(生後50日頃、生後90日頃)に受けます。ワクチンの値段は種類(5種~10種)、病院によって異なり、5,000~10,000円程度となります。

去勢手術・避妊手術

 無意味に子どもを増やさず、無用な喧嘩を避けるために、去勢手術、避妊手術もあります。去勢・避妊手術に関しては、猫は80%ほどですが、犬は50%となっています(参考:平成28年 全国犬猫飼育実態調査
 費用は去勢手術が15,000~25,000円程度避妊手術が20,000~35,000円程度となります。

ケージ・サークル

 室内での犬の部屋(囲い)となります。この中にトイレを置いたり、場合によってはを置いたりします。
 犬種、目的によって異なりますが、値段は数千円になります。

    キャリーバッグ・クレート

     犬を飼う場合、毎年ワクチン接種や狂犬病予防注射を打つ必要があります。ですから、動物病院に行くためのキャリーバッグが必要になります。
     値段は数千円になります。大型犬の場合、「バッグ」というより「トラベルケース」のように、車輪が付いているものもあります。

    トイレ(トイレトレー)

     犬は猫と違ってトイレがドーム状になっているものではなく、トレー・板状になっているものが多いです。ここにペットシーツを置いたり、挟んで使います。
     値段は1,000~2,000円程度です。

    散歩関係(首輪・リード・お散歩バッグ)

     犬は散歩が必須ですから、初期費用として首輪やリードが必要になります。一緒に迷子札を買われる方も多いです。
     首輪とリードで2,000~3,000円程度となります。お散歩バッグはトイレ用品(スコップ、エチケット袋、水)等を入れて置くものです。これは好みのものでいいでしょう。

    餌入れ・水入れ

     餌を与えるときには餌入れ(器)が必要です。数百円で買えるものもありますが、自動で餌を与えることができるものは数千円となります。

    おもちゃ

     犬におもちゃは必要です。数百円で買えますから、一番最初に買っておいて、壊れたり、物足りないようであれば新しいものを買い与えたいですね。

      犬を飼うときに毎年かかる費用

      狂犬病予防注射

       狂犬病予防注射は毎年1回受ける必要があります。値段は3,500円程度となります。
       初年度はこの証明を持って役所や保健所に行き、畜犬登録をする必要があります。

      ワクチン接種

       ワクチンは前述のように、種類と病院によって異なりますが、5,000~10,000円となります。

      フィラリア予防薬

       フィラリアというのは細い虫なのですが、これを予防しないと心臓の負担が大きくなり、死んでしまうこともあります
       費用は約10,000円で、5月~12月に動物病院で注射されます。錠剤(毎月投薬)もあります。

      ペット保険

       犬や猫の場合、ペット保険に加入するという方法もあります。でないと病院代が全額自己負担になるためです。
       値段は年間数万円です。老齢になるほど高額になります。
       特に病気にかかりやすい0歳だけでも加入される方もいらっしゃいます。

      犬を飼うときに毎月かかる費用

      個人賠償責任保険

       ペット保険以上に必ず加入しておきたいのが個人賠償責任保険です。ペットが他人のケガを負わせた場合(噛みつき等)に保障される保険です。
       犬は散歩に出ますし、他人と出会う機会が多いですから、必ず加入しておきたいですね。クレジットカードや生命保険等にも付随でき、月に数百円です。

      エサ代・おやつ

       餌はピンキリで、月に1,000円以内で収まる場合もあれば、数千円になることもあります。ちなみに平均値は2,692円です(参考:平成28年 全国犬猫飼育実態調査)。

      トイレ(トイレシーツ・うんち袋等)

       犬の場合、トイレは室内屋外を考えなければなりません。
       室内の場合、前述のトイレトレーにトイレシーツをセットし、そこでトイレをさせます。個性もありますが、2~3回ペットシーツを変えなくても大丈夫な子もいれば、毎回ペットシーツを変えなければならない子もいます。100枚入りで1,000円程度となります。
       また、散歩に行く時はおしっこには水をかけなければなりませんし、うんちは袋に入れて持ち帰らなければなりません。エチケット袋100~200枚で1,000円程度です。

      ノミ・ダニ対策

       ノミ・ダニは動物病院でノミ・ダニに効く薬を投薬してもらうか、スポイトタイプの薬を月に1回挿します。値段は3本3,000円程度なので、1ヶ月1,000円程度となります。

        シャンプー

         犬はシャンプー嫌いな子もいますが、臭うようであればシャンプーを浴びさせましょう。ノミ・ダニ対策にもなります。シャンプー自体は500円程度でも購入できます。
         シャンプー嫌いな子、上手くシャンプーできない子の場合、ペットショップ等でトリミングのときに一緒にシャンプーをしてもらうという方法もあります。

        犬を飼うときに臨時にかかる費用

        動物病院

         誤飲してしまった、ケガをしてしまった、病気になってしまった、という場合には動物病院にお世話になることになります。
         1回でも数万円、通院となれば何十万円もかかります。

        その他

        犬との暮らしがより良くなるもの

        爪切り

         犬は猫と違って完全室内飼いではないので、アスファルトの上を歩くと爪もある程度整います。それでも気になるようであれば、爪切りが必要です。
         数百円~2,000円弱となります。
         動物病院でカットしてもらうことも可能で、その場合には1回500円が相場となっています。

          トリミング費用

           犬種によっても異なりますが、トリミングが必要になる犬種もいます。この場合、毎月通うこともありますし、サマーカットといって夏になる前だけトリミングすることもあります(ペット用バリカンでもできなくはないです)。
           費用はお店によって異なり、数千円程度となります。

          その他ペットグッズ

          -
          -, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

          Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.