猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

猫を飼うときの初期費用

猫を飼うときの費用

更新日:

 猫を飼うときには、大きく分けて4つの費用を考えなければなりません。
 初期費用、毎月、毎年かかる費用、そして特別な費用です。

猫を飼うときの初期費用

 猫を飼うには、猫を拾う、知人等から譲ってもらう、ペットショップやブリーダー等から購入するという方法があります。
 猫を拾ったり、譲ってもらったりするときでも費用はかかります。病気がないかを検査をし、ワクチンを打つ必要があるからです。ボランティアから譲ってもらうときでも、これらの医療費とワクチン代は受け渡し時に支払います。およそ2万円です。
 ペットショップやブリーダーから購入する場合は当然、猫そのものの代金がかかります。種類によって異なりますが、10万円前後です。
 どの場合も去勢や避妊する必要がありますので(ペットショップやブリーダーの場合、去勢や避妊の費用込みの場合があります)、2万円前後必要です。
そして、これらにプラスして猫トイレ本体などの初期費用がかかります。おおむね1万円程度です。
 以上のように、最も費用のかからない「猫を拾った場合」で4万円から、最も費用のかかる「猫をペットショップやブリーダーから購入する場合」で20万円程度かかります。
関連項目
猫を手に入れるのはどの方法が安い?
最初に買う猫用品

猫を飼うとき毎年かかる費用

 猫を飼うときに次に考えるのが、毎年かかる費用です。ワクチン接種保険代です。
 まずはワクチン代です。病院によって異なりますが、おおむね5千円です。ワクチンの種類によっては1年毎ではない(3年)ものもあります。
 次に保険代です。保険代は2万円前後となります。月払いできるところもあります。
関連項目
猫のワクチン代はいくらかかるの?
猫の保険代はいくらかかるの?

猫を飼うとき毎月かかる費用

 猫を飼うときに毎月(のように)かかる費用が餌代やトイレ代などです。
 これらはピンキリで、かけようと思えばいくらでもかけられます。最も安く抑えることができれば千円程度になります。
関連項目
猫の水代と節約方法
猫の餌代と節約方法
猫のトイレ代と節約方法
猫のノミ予防

-猫を飼うときの初期費用
-, , , , ,

Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.