猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

猫を飼うときの初期費用

猫をボランティアや里親からもらう場合の費用は?

更新日:

 猫を手に入れることを考えた場合に、ペットショップではなく保健所やボランティアからと考える方もいらっしゃると思います。

ボランティア(里親)から猫をもらう場合の費用は?


 ボランティア(里親)から猫をもらう場合、費用に関しては一律というものはありませんが、相場としては3~5万円となります。
「血統書付きでもないのに、なんでお金がかかるの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、以下のような必要経費があります。

・猫を保護する施設・土地(場合によっては人件費がかかることも)
・猫が病気にかかっていないかを動物病院に診察してもらう
ワクチン代(別途請求のこともある)
避妊去勢手術費用(別途請求のこともある・手術済みでないこともある)

 避妊済み・去勢済みでワクチン済み、動物病院に診察済みで3万円となれば、ボランティア側からすれば二束三文でやっているようなものです。利益もほとんどない、という場合も多いでしょう。
 逆にボランティアというのに7~8万円という場合、猫を保護する施設や人件費にお金がかかっていることが多いです。
 また、施設の運営のために寄付金を求められることもあります。

ボランティア(里親)から猫をもらう場合の注意点は?

求められることが多い

 ペットショップで猫を買う場合には、あれやこれやを求められることはほとんどないでしょう。保険に一緒に入って下さいと勧誘されたり、病院にいついくのか指示をもらう程度でしょうか。
 しかし、ボランティア(里親)から猫をもらう場合には、例えば以下のようなことが求められます。

・完全室内飼い・賃貸不可のことも(厳しい団体は家のチェック(家庭訪問)に来ることもあります)
・幼い子どもがいる家庭はNG
・一人暮らし(単身者)NG
・在宅している人が必ず一人はいる
・年齢制限(60歳以下)
・年収制限
・成長報告・近況報告
・身分証明書の提示
・誓約書のサイン

費用の確認

 前述のように、ワクチン代や手術費が別途になっていることがあります。「他の団体よりは安いから」と安心して足を運んでみると、実際に思わぬ費用がかかってしまうこともあります。

病気の有無

 病気を確認も重要です。猫エイズなどの病気もありますから、病院には連れていっているのか、その結果は教えてもらえるのか、費用はどちらが負担するのか確認したいですね。

身分証の提示

 最近は里親詐欺も問題になっているので、身分証を提示することは犯罪を防ぐ手段にもなるのですが、この身分証の提示に違和感を覚える方も多いようです。大手の団体ならともかく、個人でボランティアをしている場合には身分証明書をどのように扱うのが不透明さを感じることも多いようです。
 信頼のおけるボランティア(里親)から猫をもらうことが、猫を飼っていく際も安心ですね。

成長報告・近況報告

 ボランティアによっては猫の近況報告を逐一報告しなければならないこともあります。月一でメールをしたり、場合によっては抜き打ち家庭訪問があることも。

-猫を飼うときの初期費用
-,

Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.