猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

猫を飼うときの初期費用

猫を手に入れるのはどの方法が安い?

更新日:

 猫との生活はお金だけでは説明できませんが、いざ猫と暮らしたいと思っても、猫との出会いがなければ、猫との暮らしはできません。

最も安く猫を飼う方法

 猫との出会いの一つが、猫を拾う、猫を知人から譲ってもらう、猫を保健所から引き取る方法です。最近はジモティーなどのサイトでも、「猫の里親募集」なんていうのもあります。
 このような場合、猫が病気にかかっていないか動物病院に診てもらう必要があります(知人から譲ってもらった場合は時と場合によります)。
 病気かどうか診てもらう費用とワクチン代、そして去勢・避妊の費用が必要になります。この初期費用で大体3万円~4万円ほどかかります。

ボランティアから猫を譲ってもらうと高くつくことも

 次に安価なのが、ボランティアから譲ってもらう方法です。
 ボランティアから「譲って」もらうという表現のため、誤解を招きやすいのですが、医療費やワクチン代等の初期費用を「お願い」されることがほとんどです。更に、今後の活動のための「寄付」をお願いされることもあります。
 よって、ボランティアから譲ってもらう場合は、拾ったり、保健所から引き取ったりするよりは費用がかさむことがあります。

最も初期費用が高いのは猫を「購入」したとき

 最後に、猫を手に入れるのに最も高くつくのがペットショップやブリーダーから購入する場合です。この場合、猫の値段には、上記のようなワクチン代等が含まれている場合そうでない場合がありますので、購入前に確認しましょう。
 ペットショップやブリーダーから購入する場合、地域やお店によって大きな差があります。同じ品種、同じ月齢の猫でも、隣の県、別のお店に行くと10万円以上差があった、なんていうことはざらなので、「値段」が気になるという方は隣県まで足を伸ばしたり、インターネットを使ってお店のHPを調べてみるのはいかがでしょうか。
 ペットショップやブリーダーから手に入れる場合、10万円前後からになります。

去勢・避妊は必要?

 上記の費用にワクチン代と去勢について書きましたが、猫の去勢・避妊は必要か疑問の方もいらっしゃると思います。
 考え方は人それぞれですが、去勢・避妊を行うメリットはいくつかあります。
・子猫が増えない(1回に3~5匹産まれます。知人に譲るとしても、飼うのをお願いするのは苦労しますし、外に出している猫だと、外で増やしてしまうことも)
・雄:スプレーをしなくなる、発情したときの大きな鳴き声がなくなる、前立腺の病気予防になる
・雌:発情したときの大きな鳴き声がなくなる、子宮・卵巣の病気予防になる
 値段はオス猫の去勢は、時期は生後半年~10ヶ月で費用が1~2万円、メス猫の避妊は、時期は生後半年~8ヶ月で費用が2~3万円かかります。

動物病院はどこに行けばいいの?

 初めてペットを飼う方にとって、動物病院は一体どこに行けばいいのか、分からない方も多いと思います。
 ペットショップやブリーダーから購入した場合は提携の病院を案内してくれたり、近くの病院を紹介してくれます。参考にしましょう。
 また、以下のような点も選ぶときのポイントになります。
・家から近いかどうか(いざというときに駆け込める)
・夜間の対応があれば尚可(猫が怪我や具合が悪くなるのは昼間と限りません)
ペットホテル併設であれば尚可(自分たちが家を空けることもあるため)
・猫のカットをしてくれるところなら尚可(長毛種を飼うときの選択肢の一つ)
・知人からの評判がいいところ、ネットでの評価がいいところ
・値段が良心的なところ(動物病院は病院ごとに価格を設定できるため)
 いくつかありますが、最初はワクチン接種でお世話になると思います。その際に猫を飼うときの注意点をいくつか確認するといいでしょう。その際の対応等でも、これから十数年お世話になれる病院なのか、判断できると思います。

値段と愛

 愛はお金で買えないとはよく言ったものですが、値段と愛は比例しません。
 どうしても血統書付きの猫が飼いたいのに、知人に頼まれて猫との生活が始まってしまった……それで愛することができればいいのですが、そうはいかないかもしれません。もちろん、反対に愛おしくてたまらないかもしれません。
 また、拾った猫が病気や怪我を持っていて、一生面倒を見なければならないといったときに、一生世話ができるかどうか。病気持ちのリスクは、当然、ブリーダー等から購入した場合の方が低いのです。
 ですので、猫の一生のことを考えて、本当に愛せる自信がないのなら、値段うんぬんよりも、猫との生活を考えた方がいいかもしれません。

-猫を飼うときの初期費用
-, , , ,

Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.