猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

猫を飼うときの初期費用

トイレを覚えない元野良猫。我が家が試した8つの対策法は?

更新日:

 前回の記事にもちょこっと書きましたが、実家から引き取った猫のうち、1匹は元野良。しかも外飼いにしていたのでトイレは外でしていました。
 この猫のトイレのしつけですが…無理でした人間側が諦めるしかありませんでした
 我が家の試した対策法と、現在の対策法をまとめます。

猫2匹の状況は?

 実家から引き取った猫は2匹。先住猫は血統書付きの猫ですが、実家で飼っていたときもすぐにトイレを覚える猫で、新居に引っ越してもすぐにトイレを覚えました。
 もう1匹は元野良。私が実家にいる頃は家のトイレを使っていたはずですが、私が実家を出てから外で放し飼いに。トイレも外でする癖が付き、外に出られないと布団やクッション、絨毯でおしっこをするようになっていました。
 現在、新居に引き取って、うんちは猫トイレの傍でするものの(トイレの中ではできない)、おしっこはソファーですることがほとんどに…

我が家が試したトイレ対策法は?

猫の数+1のトイレを設置する


 これはよく言われていることですが、多頭飼いの場合、猫の数+1個のトイレがあると良いといいます。我が家は2匹なので3つのトイレがあると安心ということです。
 元野良ですが、新居に連れてきた翌日だけは成功しました。が、そのトイレにもう1匹が入ってしまうと臭いで分かるようで、2度とそのトイレは使わなくなりました
 残り2個は…というと、同じように元野良ではない方の猫が次々と使用。つまり、我が家では猫トイレ3個を1匹の猫が使っている状態にあります…

猫砂が気に入らない→猫砂を変えてみる

 もう1つの対策は「猫砂」を変えてみる、ということです。今まで「おからの流せるトイレ砂」を使っていましたが、粒が大きい。元野良は外の「土」でトイレをしていましたから、もっと粒の小さいものに変えてみることにしました
 それが鉱物系の砂だったのですが…前述のように、もう1匹の猫に取られてしまいました

トイレの位置を変える


 猫トイレの位置ですが、最初はリビングと脱衣場に設置していました。このうち、脱衣場の方を元野良が使っていました(1度だけ)が、もう1匹の猫に使われてしまい、2度と使わないように。

 風呂場であれば、もう1匹の猫が水嫌いで近付けないので移しましたが、トイレだけは別のようで、風呂場に置いた猫トイレももう1匹のものに。

 元野良は階段によくいるので階段にもトイレ代わりのクッションを設置。このクッションの「前」に座るように。

 人通りの多いところが好きなので、目に付きやすいサンルームにもトイレを設置。これももう1匹のものに。

 というように、元野良がいる場所、もう1匹の猫がこない場所を狙っても全くトイレは覚えてくれませんでした

ペットシーツ作戦

 元野良がおしっこをした場所にペットシーツをおいておく作戦です。これは一枚も成功しませんでした(笑)
 しかも床でおしっこをされたとき、このおしっこを吸収してニオイをつけたペットシーツを用意しておいてもダメ。1番粗相をするソファーにおいても、わざわざソファー裏に回り込んでおしっこをする始末でした…

猫侵入禁止の棘マット



 ちなみに、ソファー裏でおしっこをされると掃除が面倒なので、写真のような棘マットを敷いていたのですが、このマットの上でおしっこをされました…
 ちなみにもう1匹の猫も、何事もないようにこのマットの上を歩きます…

防水シーツ

 我が家の対策としては、ソファーに粗相をするのは諦めました。代わりに、ソファーが汚れないように対策することにしました。
 検討して購入しなかったのが防水シーツです。赤ちゃんや子供のおねしょ対策にマットレスや布団に被せるアイテムです。
 実際、カートに入れて購入する直前だったのですが、

・ソファーには似つかわしくない色合い(洗い替えしやすいよう、ベビーベッド用の防水シーツを検討していたが、ピンク・水色・黄色しかなかった)
・防水シーツは乾きにくいらしい

 という2点で諦めました。

おむつ替えシート

 同じように防水加工がされているものでおむつ替えシートがありますが、柄が気に入らないため却下しました。

レジャーシート×バスタオルで対策することに

 最終的に落ち着いたのは、防水シーツの「防水」の役割を「レジャーシート」にやってもらうことでした。ということで、現在ソファーの上にはレジャーシートの上にバスタオルを敷いています。
 防水シートと違い、バスタオルは洗濯機で洗って簡単に乾かすことができます。バスタオルの厚みがあればおしっこのほとんどを吸収してくれます。また、レジャーシートは丸洗いしやすいというメリットがあります。
 ちなみにこれの成功率は5割くらい。残りの半分はクッションや布団で粗相してしまうので、こちらは別の対策を考えているところです。

臭い対策はスチームクリーナーで

 また、我が家のソファは合皮ですが、おしっこされた後はスチームクリーナーで掃除しています。人間の鼻では分からないレベルには臭いを消してくれています。

-猫を飼うときの初期費用
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.