猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

猫グッズレビュー

ニャンとも清潔トイレ(ドームタイプ)を使ってみました

更新日:

 猫を飼うにあたって、トイレは必須です。と、いうことで、ホームセンターで購入したのが「ニャンとも清潔トイレ ドームタイプ」でした。

まずはいい点から

・大きい。ラグドールでも大丈夫(中で1周りできる)
・ドーム型なので、臭いがある程度閉じ込められる
・ドーム型なので、砂の飛び散りをある程度防げる
・色(デザイン含め)がいい
 逆にいうと、これらを満たす猫トイレがあるなら、そのトイレを買った方がいいです。なぜかというと、以下のような悪い点があるからです。

悪い点

・スノコ式(正確にはシステムトイレですが)なので、チップしか使えない(改造して砂を使っていますが)
・チップなので、汚物がチップにかかりきらず、臭う
・純正のチップとマットが高いのでコストパフォーマンスが悪い
・部品が多く、洗いにくい

まとめ~チップが悪い

 最大の売りであり、最大の欠点であるのが「チップ」です。
 臭いを気にされる方は、チップは向かないと思います。砂なら汚物を隠してくれますが、チップは隠しきれません。隠そうとすれば、大量のチップを消費することにもなります。
 猫がトイレをして、即処理できる方ならチップでもいいと思うのですが、四六時中猫を見ていられる方は多くないと思います。猫がトイレをして、時間が経てば、臭いは部屋中に行き渡ってしまいます(ドーム型とはいえ、完全に密室ではないので)。
 また、このチップは脱臭を売りにしていますが、全く脱臭されていません。
 よって、我が家では1週間でチップを諦め、ニャンとも清潔トイレで猫砂を使っています(また後日書こうと思います)。
 デザインは可愛いので、チップで我慢できる方、むしろ改造して猫砂を使おうという方にはおすすめです。そこまでして使うのはちょっと……という方は、他の猫トイレを探してみるのがおすすめです。

改造します

 「大きくてドーム型でデザインがいい」という要望を満たしてくれる「ニャンとも清潔トイレ ドームタイプ」ですが、売りでもあり欠点でもあるチップを使わずに、猫砂に変更しました。

スノコを塞ぐことにしました

 最も重要なのが、スノコ(網目)を塞ぐことです。
 ただ、スノコ式だと、尿検査のときに役立つと知人から聞いていたので、「いざというときはスノコ式に戻せればいいな」と思っていました。

(1)下段を使う

 ニャンともは二段式です。一応、上段のスノコを外した状態でも使えます。
 下段にマットを敷くようになっていますので、ここにマットを敷かず、猫砂を敷きました
 引き出しのところはガムテープ(防水性のもの・我が家では「アサヒペン パワーテープ ホワイト 48mm×10m」)で止めて使いました。
蓋を閉じました
 ちなみに、下段に猫砂を敷くときのウィークポイントが、掃除のしにくさ段差です。
 掃除に関しては、引き出しの下に猫砂が入り込んでしまうこと。猫砂を全部取り替えるときもやりにくいのが難点です。
 また、本来上段を付けなければいけないので、入り口と猫砂との間に段差が生じます。

(2)上段を使う

 下段を使う欠点を補ったものが、上段です。上段を使えば段差はできませんし、上手くやれば掃除も楽になります。なので、最近では下段を使わず、上段を使うことにしています。
下段はとりあえず、新聞紙を敷いておきました。
新聞紙を敷いた下段

 上段のスノコを塞ぎます。パテでもいいと思いますが、いつでもスノコ式に戻せるように、とりあえずA4のクリアファイルを切り開きました。
A4のクリアファイル

 ガムテープ(防水)で隙間なく止めます。オレンジ色の部分がクリアファイルです(上記のものと色が違います)。
ガムテープでクリアファイルをとめました

 砂を敷いても大丈夫になりました。
猫砂を敷いたところ

 隙間があると、猫砂が挟まります。
猫砂が挟まります

 以上で完成です。
 ポイントはガムテープを強力で防水のものを使うこと。
 洗うときにわざわざクリアファイルを外す必要もありません(破れたときに交換しています)。我が家はこれで1年以上使っています。

-猫グッズレビュー
-,

Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.