猫や犬を中心に、ペットを飼うときにかかる費用と節約方法を紹介しています。

ペットのお値段〜費用と節約方法〜

鳥(小鳥)

インコを飼うときの費用っていくらくらい?初期費用から臨時にかかる費用まで!

更新日:

 インコは文鳥と同じように、日本人には馴染みの深いペットの一種ですよね。
 インコを飼うときにかかる費用は大きく分けて4つです。初期費用と毎年かかる費用、毎月かかる費用、そして臨時にかかる費用です。

インコを飼うときにかかる初期費用は?

インコの生体費用

 インコと一口に言っても種類が多いです。
「インコ」といって最初に思いつくのが「セキセイインコ」でしょう。セキセイインコの雛であれば、2,000~3,000円程度で購入することができます。手乗りができるよう飼育された、大きくなった生体では5,000~10,000円程度となります。
 同じくメジャーであるオカメインコは6,000~20,000円程度といわれています。
 大型インコであるオウムは50万円以上する個体もいます。
 セキセイインコやオカメインコなど、メジャーな種類ではホームセンターやペットショップでも売られています。

ケージ(鳥かご)

 鳥が逃げていかないようにするためにもケージ(鳥かご)は必要です。
 価格は3,000~5,000円程度です。

    ケージカバー

     インコのケージは、夜は灯りが入らないよう、カバーをするのがよいとされています。
     専用品は2,000~3,000円程度ですが、専用品の種類は多くないため、手作りされる方も多いです。

      餌入れ・水入れ・ボレー粉入れ

       餌入れや水入れはケージとセットになって販売されていることが多いです。セットになっていない場合には個別に購入します。
       1つ500円程度となっています。

        暖房器具

         インコの場合、暖房器具があると良いとされています。
         鳥専用の暖房器具には保温電球と呼ばれるものがあります。価格は2,000~3,000円程となります。
         また、ケージを覆うように保温カバー(ビニール製のものが多い)をかぶせることで、保温効果が高まります

          インコを飼うときに毎年かかる費用

          ワクチン・予防接種

           文鳥と同じように、インコ向けのワクチン・予防接種はありません。

          ペット保険

           インコが入ることができるペット保険もあります。
           ただし、文鳥と同じように、月額費用だけで生体費用を超えてしまうこともあります。

          インコを飼うときに毎月かかる費用

          餌代

           インコの餌は皮付きのアワやヒエなどが含まれた混合シードがメインとなります。安いものでは300円程度で購入できます。セキセイインコ用、中型インコ用というように、品種に合わせた餌も売られています。
           また、インコの場合、混合シードだけでなく、ペレットという選択肢もあります。ペレットは犬・猫の餌でメジャーな「カリカリ」のような形状のもの(中には粉末状のものもある)で、穀類では不足しがちな栄養素が含まれています。完全にペレットに切り替えて食べさせる方もいらっしゃいますし、朝・晩で切り替えて食べさせている方もいらっしゃいます。価格は800円程度です。
           また、文鳥と同じように青菜も与える必要があります。豆苗や小松菜、チンゲン菜などを与えましょう。

           水と餌の交換は毎日行います。水は水道水でOKです。

          ボレー粉

           文鳥と同様、インコにもボレー粉を与えます。餌(混合シード)では足りないカルシウムやカリウムの補給ができます。
           ボレー粉は200~500円程度で購入できます。

            インコを飼うときに臨時にかかる費用

            治療費(動物病院)

             インコが病気をした場合や怪我をした場合には、動物病院で獣医さんに診てもらうことになります
             犬・猫専門の動物病院も多く、鳥は受け付けていない、ということもありますから、お近くの動物病院を確認しておいた方がいいでしょう。

            その他

            インコとの暮らしがより良くなるもの

            水浴び器(バードバス)

             インコの場合、水浴びが好きな個体とそうでない個体がいます。水浴びは必須ではありませんが、水浴びが好きな個体の場合、週に1~2回程度は水浴びをさせてあげましょう
             用意するのは浅い容器。これに水(お湯はNG)を張ると、水浴びが好きな個体は自ら水浴びをする、とされています。
             容器は100均のものでもOKです。

              プラケース(移動用キャリー)

               インコを動物病院に連れていく際に活用するのが移動用のキャリーです。専用品では2,000円程度です。
               専用品以外では昆虫用の「虫かご」を使われている方もいらっしゃいます。雛から育てる場合には、この虫かごをケージとして使用される方も多いです。500円くらいの、やや大きめのものがいいでしょう。

                爪切り

                 文鳥と同じく、インコも爪切りが必要な場合があります。頻度としては数ヶ月に1度ですが、止まり木によく止まっている爪がなかなか伸びない子もいます。
                 また、保定(身体を支える)のが苦手という方もいらっしゃるでしょう。その場合には動物病院で切ってもらうのがいいかもしれませんね。値段も500円程度です。

                  その他ペットグッズ

                  -鳥(小鳥)
                  -, , , , ,

                  Copyright© ペットのお値段〜費用と節約方法〜 , 2019 All Rights Reserved.